イヌマキ  マキ科 マキ属

 暖地の山地に自生し、高さ25mに達する大木になります。

 樹皮は灰褐色で、縦に浅く裂けます。

 葉は密に互生し、長さ10-15pの線形、変種のラカンマキは、葉が小型で密につきます。

 街路樹や庭園樹、境界樹として公園等に植えられていることが多いようです。

 5〜6月に開花、雌雄異株。

 雄花は円柱形、雌花は葉の付け根に一個ずつつきます。

 果実は、緑色のほぼ球形で、赤紫色の花托の上につき、 花托は甘く、食べられるそうです。

P1150214-3イヌマキ 09.9.26県総合文化公園

P1150217-3イヌマキ 09.9.26県総合文化公園

P1150198-3イヌマキ 09.9.26県総合文化公園

トップページに戻る
美しい実をつける木々 目次に戻る

P1150210-3イヌマキ 09.9.26県総合文化公園

L09720 落下した果実と花托 05.11.10 法華岳薬師寺

L09718 イヌマキ 05.11.10 法華岳薬師寺

L09719 イヌマキ 05.11.10 法華岳薬師寺

P1150197-3イヌマキ 09.9.26県総合文化公園