センリョウ  センリョウ科 センリョウ属

 暖帯から熱帯に分布、山林の樹林下に生え、また観賞用に栽植する常緑小低木です。

 野生のセンリョウは、綾渓谷で見ましたが、かつて人が植えたものかも知れません。

 群生する性質があるので、本数は多かったように記憶しています。

 葉は革質で、つやがあります。

 核果は冬に赤色、まれに黄色に熟します。

 変種とされる黄色い果実のキミノセンリョウ も、その後、観察する機会がありましたので、別ページに掲載しました。

 
 縁起物として正月飾りにつかわれる果実に比べ、花は、夏、小さく地味な花を咲かせます(最下段)の写真
 
 なお、センリョウの花 は、別ページに掲載しましたので、あわせてご覧ください。


 和名は、ヤブコウジ科の万両に対して千両の意で、マンリョウアリドオシ とともに、「千両、万両有りどおし」 と縁起の良い植物として庭に植える人が多いようです。

 ちなみに、ヤブコウジ科のカラタチバナを百両、同科のヤブコウジを十両というそうです。

L01788 センリョウ 04.11.17 宮崎市

トップページに戻る

L07285 センリョウの花 05.7.13 宮崎市 

L01787 センリョウ 04.11.17 宮崎市

美しい実をつける木々 目次に戻る