ヤナギニガナ  キク科 ニガナ属 別名 アツバニガナ

P1040741-1ヤナギニガナ 08.5.17小林市三之宮峽

P5170135-1ヤナギニガナ 08.5.17小林市三之宮峽

P5170142-1ヤナギニガナ 08.5.17小林市三之宮峽

  峡谷沿いの崖に、小さな黄色い花を咲かせていました。
 普通に見るニガナに比べ、全体的にホッソりとしています。


【ヤナギニガナ(原色牧野植物大図鑑から)】
 アジアの熱帯から亜熱帯に広く分布する多年草で,九州南部と琉球列島の日当たりのよい河岸などに生える。
 高さ10〜50cmになり,茎の上部はまばらに分枝する。
 根生葉は質が厚く,皮針形で先端がとがる。 
 花の時期に、よく繁る。
 花期は春で,ニガナよりもやや小さな黄色の頭花がつき,径約1cm,舌状花の数は8〜12個。
 そう果には、前掲種と同様0.66mmほどの汚白色の冠毛がある。

身近な野の花トップに戻る

5月の野の花に戻る

トップページに戻る

P1040739-1ヤナギニガナ 08.5.17小林市三之宮峽