アマチャズル  ウリ科 アマチャズル属

 アマチャズルの名は、一時期、朝鮮人参と同じ有効成分サポニンが含まれているとされ、薬草として脚光をあびましたが、最近ではあまり話題にならないようです。

 花期は、夏から秋とされていますが、観察が遅れましたので、花を撮影していません。

 06年に花の写真を撮影しましたので、【8月の野の花】 のページに載せておきます。

 各地の山野の林縁などに生えるつる性の多年草です。

 茎は巻ひげがあって、他物によじ登り、若いときには淡色の軟毛があるが、すぐ無毛となるそうです。

 雌雄異株。
 花は夏から秋。
 花弁の長さ約2mm。液果は6〜8mm、熟すと黒緑色となります。

 和名は、葉に甘味があるのでいうそうです。

 葉を煎じて飲むアマチャズル茶は、多くの薬効があり、ダイエットにも効果的といいます。

L09907 アマチャズル 05.11.15 加江田渓谷

トップページに戻る
身近な野の花 総目次に戻る
加江田渓谷の植物目次に戻る

L09909 アマチャズル 05.11.15 加江田渓谷

N105679 アマチャズル 花 06.8.23 加江田渓谷

身近な野の花 8月目次に戻る

N105678 アマチャズル 花 06.8.23 加江田渓谷