各地の原野や山林の縁に生えるつる性の多年草です。

 伸び始めの姿と味がグリーンアスパラに似て、非常に美味な山菜として知られています。

 葉は長さ5〜11cm、葉柄の基部に巻ひげがあり、他物にからみます。
 撮影したシオデも、あまりにもあちらこちらに絡みついているので、うまく撮影できませんでした。

 茎は長く伸び立ち、1m〜2m にもなります。

 花は夏、葉腋から集散花序を出し、細い淡黄緑色の小さな六弁花を丸く咲かせます。

 雌雄異株。
 写真は、雄株のようです。

 果実は、黒色に熟します。

 和名は北海道のアイヌの方言シュウオンテによるといいます。 漢名牛尾菜を慣用。



 その後、県薬草・地域作物センターでシオデの果実を見かけました。
 まだ熟してないようですが、綺麗でしたので写真を追加しておきます(左側3・4段目の2枚)

加江田渓谷の植物目次へ戻る
トップページへ戻る

シオデ  ユリ科 シオデ属

N103706 シオデ 06.6.7 加江田渓谷

DSCN9350シオデ果実 11.09.03薬草・地域作物センター

DSCN9374シオデ果実 11.09.03薬草・地域作物センター

N103703 シオデ 06.6.7 加江田渓谷

N103797 シオデ 06.6.7 加江田渓谷