コバンモチ  ホルトノキ科 ホルトノキ属

 写真は、渓谷の対岸、遠く見下ろす位置に生えていた大木で、最初は、初めて見る木と思いました.。
 県総合博物館に照会し、コバンモチと分かりました。

 実は、加江田渓谷には、コバンモチと標示された木が何本かあります。
 いずれも、見上げるばかりの高木ですので、葉は丸っこく、
葉柄が長く小枝の先に集まり、輪生のように見えることが分かる程度でした。

 コバンモチは、本州西部から琉球列島までに分布、林内に生える常緑高木です。

 葉は、葉柄が長く小枝の先に集まり、紅葉した葉が混じることは、ホルトノキの仲間らしい特徴です。
 葉の長さは6〜10cm、幅3〜5cm。


 
花は、5〜6月に、上部の葉のつけ根から、斜め上向きに総状花序を出し、直径約6mm、 5弁の淡黄緑色の花をつけます。

 果実は、少し長めの球形をし、径約1cmの核果で、初めは緑色、のちに濃藍色となります。

 和名は、葉がモチに似ているが、幅が広いので徳川時代の金貨の小判に見立てたものといいます。


 花や果実を接写したいのですが、カメラからかなり離れた所に木が生えているので、どうにもなりません。
 接近できる木を探して、濃藍色の果実を撮影したいものです。


 その後、近づいて撮影できる木も見つけましたが、5月下旬でしたので、既に若い実になっていました。
 今後、熟して青紺色になる様子を観察したいと思います(N103234の写真)

 ところが、その後、この木の果実はすべて落下していることが分かりました。
 代わりに、実をつけた別のコバンノキを見つけましたので、今後は、この木(最下段の2枚の写真)を観察します。

 上記の観察結果は、別ページにコバンモチの果実として掲載しました。
 
 なお、2010年5月末に、コバンモチの花のアップ写真を撮影し、別ページに掲載しましたので、あわせてご覧ください。

N104177 コバンモチ 実 06.6.22 加江田渓谷

N103234 コバンモチ若い実 06.5.22 加江田渓谷

加江田渓谷の植物目次へ戻る
トップページへ戻る
5月の花へ戻る

L12783 コバンモチ 06.5.4 加江田渓谷

N104176 コバンモチ 実 06.6.22 加江田渓谷

L11968 下から見上げたコバンモチ 06.4.12 加江田渓谷

L12787 コバンモチ 06.5.4 加江田渓谷