ニガウリ  ウリ科 ニガウリ属  別名 ツルレイシ

 野草ではありませんが、この時期、道路端の畑などに多く見かける可愛い花ですので、載せました。

 熱帯アジア原産で、畑に栽培する1年生のつる植物、ツルレイシが和名とされています。

 葉は、巻ひげと対生、花は夏から秋、雌雄異花同株だそうです。

 緑色または黄白色時の若い瓜(果実)を収穫し、食用とします。

 種子をおおう紅肉は甘く食べられますが、果皮は苦いのでニガウリの名があるそうです。

 和名の蔓茘枝(つるれいし)は、むくろじ科のレイシ(ライチー)に対していうのだそうです。

 最近では、健康食品としてゴーヤという名前を良く聞きますが、普通のニガウリよりずんぐりしている沖縄産のニガウリをゴーヤと呼んでいるようです。

 このほか鹿児島ではニガゴリなどの名もあるそうです。

身近な野の花 目次に戻る

トップページに戻る

野菜・果物類の目次に戻る

N107839 ニガウリ 06.11.3 尾鈴サンロード

L08011 ニガウリ 05.8.22 268号線

L08010 ニガウリ 05.8.22 268号線

身近な野の花 8月目次に戻る