ニンジンは身近な野菜ですが、ニンジンの花を見る機会は滅多にないと思います。
 その珍しい花を生駒高原近くの畑で、たまたま見かけました。

 ニンジンは、地中海地方原産の野菜として、世界中で広く栽培される越年草です。

 茎は、直立し、高さ1〜1.55m。
 ,葉は、3回羽状複葉,根生葉は長い柄があります。
 花は、初夏。
 和名の人参(にんじん)は、根を朝鮮人参にたとえたことに由来するそうです。

 東洋種のにんじんは濃い赤色をしており、京にんじんが代表的なものです。
 西洋種は、太くて短く、肉質がやわらかいという特徴があり、西洋種の方がベータ・カロチンを多く含んでいるそうです
 昔から、子どもたちが嫌いな野菜の代表選手といわれていますが、ジュースやケーキ、グラッセなどでニンジン好きの子ども増えてもふえてきているようです。

ニンジン  セリ科 ニンジン属 別名 ナニンジン

トップページに戻る

110075ニンジンの花 07.6.9 409号線環野

110076ニンジンの花 07.6.9 409号線環野

野菜・果物類目次へ戻る
6090304ニンジンの花 07.6.9 409号線環野

110074 ニンジンの花 07.6.9 409号線環野