ニガウリと同じ時期に、同じ黄色の花を咲かせるお馴染みの植物です。

 野の花ではありませんが、この時期よく目にする綺麗な花ですので、掲載しました。

 熱帯アジア原産の各地で栽培される1年生つる植物です。
 茎は、緑色で、稜があります。

 花は、夏から秋。 
 果実は、緑色で、長さ30〜60cmになり、若いときは軟らかく、食用となります。

 成熟すると、強い繊維が発達し、乾かして海綿のように利用します。

 茎から出る液を化粧水にすることもよく知られています。

 長野県でトウリといい、トはイロハのヘとチの中間であるからヘチ間で、和名の起因といわれているそうです。
 漢名絲瓜。

ヘチマ  ウリ科 ヘチマ属  別名 トウリ

トップページに戻る

N106065 ヘチマ 06.9.5 17号線国富町

野菜・果物類の目次に戻る
身近な野の花 8月目次に戻る

L;08014 ヘチマ 05.8.22 268号線野尻町

L08013 ヘチマ 05.8.22 268号線野尻町

身近な野の花 目次に戻る